よくあるご質問

Q&A

FAQ

[ よくあるご質問 ]

ミュウ美容学院に寄せられる、よくあるご質問を集めました。

エステスクールについて

  • Q

    エステティシャンは資格が無いと、なれないのでしょうか?

  • A

    日本にはまだ公的なエステティシャンの資格はありません。
    直接サロンの求人に応募して就職することも可能です。しかし、就職してから資格を有し一定基準の技術と知識と接客マナーを身につけていることで、有利な条件で働けることがあります。さらに上級エステティシャンとしてキャリアアップしやすくなります。お客様の立場で考えると、しっかり勉強を重ねて適切なアドバイスと施術をしてくれるエステティシャンと、そうでないエステティシャンとどちらを選ぶかと考えれば、自然と答えが見えてくるかと思います。

  • Q

    エステスクールではどんなことを学ぶのですか?

  • A

    スクールでは大きく分けて理論と実技を学びます。理論では、生理学、栄養学、皮膚科学などの学科と、衛生・消毒、接客マナー、カウンセリング、など様々なことを学びます。
    実技では、フェイシャルやボディの手技、ワックス脱毛の方法などを主に学びます。応用コースを加えて、アロマテラピーやヘッドトリートメントなどの授業も受けていただけます。当学院では、その他開業・開校コースも充実していますので、エステティシャンになりたい方から、開業・開校されたい方向けに、目的に応じた必要なコースをご用意しています。

  • Q

    美容関係の職業に憧れているのですが、自分に合っているのかわかりません。

  • A

    当学院では、授業内容の見学や体験入学・オープンキャンパスなどを行っていますので、積極的に参加することをお薦めします。パンフレットやインターネットでは解らない、現場の雰囲気を直接感じることで自分がそのスクールや仕事にあっているかが見えてくることでしょう。直営サロンがあるスクールですので、お客様としてサロンで体験することも効果的です。想像とは違った素晴らしさや、やりがいを見つけることが出来るかもしれません。また、当学院では体験学習コース2時間のプランを用意しています。不安のある方は、そちらを是非ご利用ください。

  • Q

    全くの未経験ですが、授業についていけるか不安です。大丈夫ですか?

  • A

    スクール入学者のほとんどが、未経験からスタートしています。中には既にエステティシャンとして経験があり、より上級エステティシャンになるために通う方もいらっしゃいます。初心者の方はまずは基礎からしっかり学べるトータルビューティシャンコースをお薦めしています。また、当学院では、フェイシャル、ボディ、他、短期コースも用意していますので、自分に合った、必要なコースを必要な部分だけ選択してスキルを磨いていただくことが可能です。

  • Q

    スクールに通えば資格が取れますか?

  • A

    各協会の認定校に通って規定の授業を受けた場合、卒業と同時に受験資格を得られます。認定校でないスクールを卒業した場合は、直接協会に申し込んで正会員となり、申し込みをすれば受験資格が得られます。ただし、協会によっては正会員になる時点である程度の実務経験を持っていることなど、ある程度の条件が付けられる場合があります。当学院のJBTA全身日本美容学院のトータルビューティシャンは、試験合格後、全身日本美容協会に登録費15,000円を納めていただければ、5年間有効になり、以降、5年毎の更新となります。

  • Q

    エステ資格を取れば就職・転職に役立ちますか?

  • A

    まったくの未経験者よりも、一定基準の知識と技術、接客マナー、業法など、エステティシャンとして身につけるべきことで、即戦力となる資格取得者の方が優遇されると思います。
    また、当スクールのトータルビューティシャンコースを卒業された生徒様は就職のサポートをいたします。

  • Q

    実習に必要な化粧品代は、別途かかるのですか?

  • A

    授業で使用する化粧品及び商材は、全て学院のものを使用していただくため、購入する必要はありません。

  • Q

    通信教育では理論だけになりますか?働きながら学びたいのですが、技術はスクールに通わなければ資格が取れないのでしょうか?

  • A

    理論に関しては、ご自分のライフスタイルに合わせて自宅で勉強していきます。ただし、実践が重要になりますのでスクーリングと呼ばれる上級講師による実技実習を受けていただくことになります。そうすれば通信教育でも高度な技術を身に付けることができます。働きながら資格を取りたい方や・主婦・学生の方など、時間に制約があるためスクールに通うのが難しいという方にも”通信教育”で理論を先に学ばれてからスクーリングでの実習授業をはじめることにより、効率良く学んでいただくことが可能です。

  • Q

    学費の支払いが難しいのですが、分割払いは可能ですか?

  • A

    国民金融政策公庫の学資ローンや、各種ローンなどのご紹介をさせていただいていますのでご安心ください。

アロマスクールについて

  • Q

    アロマの知識はどんなところで活かせるのでしょうか?

  • A

    最近では自分自身の癒しのためやアロマ関連製品のショップ、エステサロン、医療、介護現場などでアロマ活用の場が広がっております。または独立開業、専門学校の講師などの他、香りの知識を持つことにより現在の仕事の幅を広げる活躍されている方も多いです。

  • Q

    アロマに関する資格ってあるの?

  • A

    当学院で取得できる、AEAJ(社)日本アロマ環境協会は、国内で会員数が最も多い団体です。AEAJの資格は以下の通りです。

    アドバイザー(検定1級合格後協会に入会し、講習を受ければ認定されます。) は、アロマテラピーに関する知識を備え安全面や法律面から正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。

    ショップ等で働いている場合は、基礎的な知識をアドバイスするために取得されている方がプロフェッショナルとして販売に携わったり安全なアロマテラピーをアドバイスすることもできます。

    インストラクター (アドバイザーを持っていることが条件) は、専門家として、安全で正しいアロマテラピーの実践方法を一般の方々へ指導できる能力を認定する資格です。アロマスクールやカルチャー教室の講師をはじめボランティアなどを通じて教育活動に携わるのに適しています。

    セラピスト (同じくアドバイザーを持っていることが条件) は、一般の方々にトリートメントや相談、ドバイスなど含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。アロマセラピストのプロとして第三者にトリートメントケアをするのに適しています。

    アロマの資格は民間資格で、その協会が認定したものですので、資格を取ればすぐに仕事に繋がるということではありません。なので、資格を取ったから終わりということではなく、その後の本人の努力も引き続き必要となってきます。
    協会は資格取得後、就職のフォローまではしてくれません。(AEAJはホームページに求人案内を載せてはいますが、やはり仕事に繋げる為には資格取得後の本人の努力が必要となります。)

    現在、その他にも資格は全て複数の民間団体がそれぞれに認定した民間資格となります。

    ITEC英国政府が認定する国際ライセンス機関
    IFA英国のアロマセラピストにより設立され、英国政府より認可を受けたボランティア団体

    JAA(日本アロマコーディネーター協会):日本にアロマセラピーやアーユルヴェーダを普及するために発足した日本のアロマ教育機関。
    NARD JAPAM(ナード・ジャパン):ベルギーで設立された研究機関。
    日本アロマケア学会:医療の現場でのアロマの化学的な臨床データに基づき、実際のケアへ利用させようと発足した学会です。

    それぞれに目的が異なるため、ライセンスの取得法も様々です。また、仕事に就くために資格取得が必須ではないため、将来の目標に合った知識の習得法を見つけ、実行することが必要といえます。

  • Q

    アロマアドバイザーの資格を取りたいのですが、日本アロマ環境協会は資格を持ち続けるためには入会費・年会費が必要と聞きました。ナード・アロマテラピー協会も資格を持ち続けるためには、入会費・年会費は必要ですか?
    どの協会でも必要なのでしょうか?

  • A

    AEAJ認定アドバイザー以上の資格を取る&維持するには会員であることが条件です。つまり、退会してしまうと資格も失効してしまうので、年会費を毎年更新する必要があります。その他、アドバイザーは講習会を受けて認定されるので、講習会費、また資格認定料がかかります。アドバイザー、インストラクター、セラピストともに共通です。どの協会でも、入会費や年会費などの支払いはあると思います。

  • Q

    AEAJ認定アロマの資格を取りたいのですが。仕事を持つ主婦で、自由な時間があまりありません。独学で勉強するのは無理でしょうか。また、どのような勉強の仕方があるのでしょうか?

  • A

    まず、AEAJ(社)日本アロマ環境協会の1・(2級)検定を受けます。こちらはテキストからの出題なので、よく熟読して暗記し、問題集を繰り返して検定対応オイルセットで練習すれば独学でも大丈夫です。当学院には通信講座もございます。
    さらにプロフェッショナルな資格を目指す場合は1級合格後、当学院のようなオリジナルカリキュラムで学べるAEAJ総合資格認定校で、慌てず、焦らず、ゆっくりと精油の香りを楽しみながら、知識を深められることをおススメします。

  • Q

    AEAJアロマテラピー検定は1級・2級ともに受けなければいけないのですか?

  • A

    検定試験範囲が、アロマテラピーの基礎知識と重複する箇所があり、検定料も2倍になるため、実際のところ、1級のみの受験者が多いように感じます。
    当学院では検定試験対策対応コースにて、1・2級の範囲を学んでいただきます。

  • Q

    AEAJアロマテラピー検定を独学で受けようと思うのですが、公式テキストは必要でしょうか?過去問題集で取組むつもりですが迷っています。

  • A

    協会発行テキストからの出題となりますので、テキストを熟読し、丸暗記することです。また、香りテストも出題されます。まれに、協会とは違う回答の問題集もあるようですので、その場合は協会テキスト内容を優先してください。
    精油は一度に揃えると種類により高額になるため生活の木などで販売されている、検定対応オイルセットを購入して、香りを覚えると良いと思います。

  • Q

    全ての資格を通信講座で学ぶことは可能ですか?

  • A

    AEAJアロマ検定1・2級対策講座のみ、通信教育にての学習が認められています。
    アロマテラピーインストラクター資格以上の上位資格につきましては、専門的な知識や実践が必要なため、認定校でのスクーリングが義務付けられています。

  • Q

    新たに出来たアロマブレンドデザイナー・アロマハンドセラピストも試験があるのでしょうか?

  • A

    新設された2つの資格は、それぞれの必須時間の講座の出席率80%にて、資格認定料を協会に納めていただければ、取得できる資格となります。

開業・開校について

  • Q

    全くの未経験なのですが夢だったサロン経営が出来るでしょうか?

  • A

    ある意味好きであることが第一条件とも言えます。昔から「好きこそものの上手なれ」と言われるように、人間好きなことには努力を惜しみません。勉強して経験を積み重ねていくことで、誰からも愛されるサロンになれます。個人サロンの大半が未経験者からのスタートです。当学院は自宅サロンからスタートした学園長のノウハウが豊富に揃っていますし、エステティックの基礎知識と同時に、経営者として必要な講座もご用意していますのでご安心ください。

  • Q

    自宅でエステサロンをしたいのですがスペースはどれぐらい必要でしょうか?

  • A

    最低3坪(6畳)ほどの1部屋の確保が必要かと思います。リビングなどの一部を応接として使用できれば、さらにゆとりの空間が演出できます。 ただし、生活スペースを共有するためにご家族様の理解と協力が得られることが前提になります。一緒にご相談していきましょう。

  • Q

    エステサロンの開業資金はいくら必要でしょうか?

  • A

    エステの内容やエステ用機器などによって違いはありますが、エステ用機材、業務用化粧品、消耗品一式で約30万から80万円位からスタートできます。
    これにドレッサーやカウンセリングなどの応接テーブル、イスなどの備品やインテリア用品が必要となりますが、自宅の場合はあるものを工夫して使用するのも良いでしょう。またテナントやマンションを借りる場合は、別途、改装費・敷金・家賃などが発生します。

  • Q

    マンションでエステサロンの営業は出来るのでしょうか?

  • A

    エステサロンなどの営業が可能な物件かどうかご相談してみて下さい。商業エリアに比べ、住宅エリアはエステサロンをしても良い物件が少ないので不動産屋さんと相談してたくさんの物件を探すと良いでしょう。

  • Q

    エステサロンの開業に資格や許可が必要なのでしょうか?

  • A

    エステサロンの場合は資格や許可は必要ありません。誰でもエステサロンの開業は出来ますが、サロン開業と成功は必ずしもイコールではありません。数あるエステサロンの中で、繁盛店になるには、しっかりとした専門知識、技術、接客術、経営ノウハウが必要となります。

  • Q

    いろんなエステスクールがありますが、開業を目的とした場合の選ぶ基準はありますか?

  • A

    まず第一にエステサロンの独立開業に向いているスクールであること、特に初めてサロン開業を目指す場合は、知識・技術以外にも備品の調達やメニュー作りなどの出店準備からチラシ、パンフレットといった、広告から集客までトータルで経営サポートが受けられるスクールが良いでしょう。
    当学院では実際に直営サロンもあり、学院長の経験に基づいたアドバイスが受けることができます。体験学習コースを用意していますので、お気軽にご相談ください。
    体験学習コースはコチラ

  • Q

    50代の私でもエステサロン経営は可能ですか?

  • A

    エステサロンのお客さまには様々な悩みを抱えている人がいらっしゃいます。悩みを聞いてあげるだけでも癒される人が多いのです。こうしたことから人生経験の多い人ほど良きエステティシャンとも言えます。不安を感じてらっしゃるのであれば、補講が充実していてることや、エステティックの知識や技術が習得できるまでフォローしてくれるスクールを選ぶことをおススメします。当学院はそのシステムがありますのでご安心ください。

  • Q

    開業希望地域にすでにエステサロンがあるのですが注意することありますか?

  • A

    近くにエステサロンがあることが開業の障害になるとは思いません。例えライバル店がなくても、魅力がないサロンにはお客様はいらっしゃいません。逆にどこの店にも負けないエステが提供できれば繁盛店になれます。また、地域密着型サロンであれば、良いも悪いも口コミで広がる世界です。『ONLY ONE サロン』として、エステティックに必要な知識を身につけ、空間演出を図ればお客さまにとって『特別な場所』のエステサロンを創造することができます。そうすると遠方からでもお客さまは、来てくださいます。

  • Q

    エステ機器や商材を選ぶ基準はありますか?

  • A

    エステ用機材や商材はいろんなメーカーやディーラーが多種多様な製品を取り扱っています。この中からサロンに最適なものを選ぶのは大変なことです。ここでは選ぶ際の注意点だけをご紹介します。

     

    <エステ用機材>

    ①価格よりも機能性を重視。
    エステの内容に即した機能を最優先に機種を選ぶこと。丁寧に扱えば10~15年は使えるものもあるので価格で選ばず、できれば高機能で品質の良いものがいいでしょう。

    ②安いモノは外国製が大半。
    最近、ネットや通販で格安品が出回っていますが、そのほとんどは外国製です。すべてとは言わないまでも脆弱な作りで耐久性に問題があるのも事実です。またメンテナンス体制が整っていないケースもあり、修理に2ヶ月以上かかるなど結果として高い買物になってしまうことも。特に多機能のスチーマーや美顔器などは避けた方が無難と言えるでしょう。

    ③安心できる日本製。
    外国製に比べて価格は高めですが、性能や耐久性を考えれば国産の方が優れているものが多く、メンテナンスも含め安心できるのはやはり日本製でしょう。

    ④中古品は安いが当たりハズレが多い。
    中古品の一番の難点は、使用歴が年数しか分からないということです。機器の消耗度は使用年数よりも使用頻度や前歴者の取り扱い方の影響を受けることが大きいのです。特にスチーマーで精製水を使わずに水道水を使用していると、白い石のようなアカがヒーターや水の吸い上げパイプなどにこびりついて、故障の原因となり、機器の寿命を短くしてしまいます。このようにエステ機器は誤った使い方や乱暴な取り扱い、手入れ不足によって寿命は大きく左右されるので、中古品は使用年数だけで判断しないよう注意が必要です。

    ⑤メンテナンスが一番の決め手。
    エステ用機材は機械もの。故障までいかなくてもちょっとしたトラブルに見舞われることもあります。こうした時に丁寧に対応してくれるメーカーやディーラーを選ぶことが大切です。特に故障した時にすぐに代替機を用意してもらえるかがポイントです。お客様に予約をお断りすることになればサロンの信用問題にもなりかねません。

     

    <エステ用商材>
    ①サロンのコンセプトに合う商材を選ぶ。

    一口にエステティックと言ってもヨーロッパ式、アジアン、ハワイロミロミなど様々です。また施術内容やサロンの企画によっても使用する化粧品など商材の選び方が異なってくるので、どのようなサロンにしていくのかを考えた上で商材選びをすることになります。

    ②お客様に自信を持って説明できる商材を選ぶ。
    エステサロン間の競争激化にともない、使用する化粧品も繁盛店の重要な条件になります。業務用化粧品の使用原価は通常エステ料金の10%以下と言われます。こうしたことから目先のコストだけを考えて、安易に選ぶのではなく、お客様に対して安全性や効果性などに自信の持てる高品質なものを使用することが大切です。

    ③良い商材の選び方。
    業務用化粧品は500mlから1リットルや5リットルなどの大容量のものまで様々ですが、個人サロンの場合は500~1000mlまでが適量です。
    最近はパラベンなどの防腐剤を使用しないケースが増えていて、開封してから長い期間が経過すると中身が劣化してしまう場合もあるので、サロンの使用頻度に合った容量を選びましょう。
    また同じ容量でもメーカーによって価格は異なります。当然、内容成分や品質によっても価格が変わってくるので、表面上の容量や価格だけで製品の良し悪しを判断してはいけません。エステサロンにとって化粧品の品質はエステの満足度に大きくかかわってくるので、商材選びはエステ技術と同じくらい大切です。
    しかし、よほどの知識や経験がなければ、広告やパンフレットだけで最適なものを選ぶことは至難の技です。誇大広告を鵜呑みにして後悔しないためには、サンプルなどを取り寄せて試してみることが肝心です。化粧品には全成分が多い順に表記されています。
    最近は、インターネットでも成分を調べることが出来るので、化粧品について知識が乏しい人でも、ある程度の内容を把握することができます。但し、成分にも配合量や純度の問題があります。例えば、スクワラン100%といっても、安い物から高い物まで様々です。スクワランは精製度によって1~12等級までの品質があるので、同じスクワランでも価格の違いが生じるわけです。
    一般的に考えて、極端に安い場合は少し疑ってみるのも良いでしょう。こうしたことから初めて個人サロンを開業する人にとっては、顔の見えないネットや通販で購入するよりも直接説明を受け、現物を試してみるなど納得したうえで購入しましょう。サロン経営など全般についても相談できる、誠実なメーカーやディーラーと取引した方が得策と言えるでしょう。 当学院は、これらの商材・機器選びもサポートいたしますのでご安心ください。

  • Q

    スクール卒業後、個人でエステサロンを経営しています。何も分からずスタートしたので集客に悩み、HPやSNSのコンサルに多額の費用をかけて失敗を繰り返しています。
    実際に集客の方法など相談できるスクールはありますか?

  • A

    たくさんのスクールがある中、このような相談は多いのが現状です。
    開業される場合は、同時に開業サポートコースなどがあるスクールにて、卒業と同時に開業できるのがベストな状態になります。資格取得に向けて、時間とお金を投資されているのですから、卒業後は速やかに収益を上げることが望ましいです。
    開業サポートコースが充実されていなければ、ご相談者様のような問題が多く必要以上の時間と費用がかかってしまいます。
    当学院では、集客についての個別相談を実施しています。また、定期的にSNSやHPを駆使した集客方法についての講座も開催していますのでご活用ください。

趣味で学ぶについて

  • Q

    お稽古エステを受ければ、将来エステティシャンになれますか?

  • A

    お稽古エステのカリキュラムは、プロになるためのものではありません。あくまでも、ご自身が綺麗になるための正しい知識と、お手入れ方法(練習用人形)などを学んでいただき、女子力をアップすることを目的にしています。
    また、美容の仕事に関心が高いけど、実際の仕事内容が分からないため自分に合っているかどうか不安をかかえている方などに適したコースになります。これを機に、目的に合わせたコースを選択して、本格的なプロを目指して学習していただけます。
    お稽古エステは今の自分を変えるきっかけに成っていただきたいコースになります。悩まれている場合は、まずは体験学習コースを受講してください。
    体験学習コースはコチラ

  • Q

    セルフケアアロマとプチセラピストコースは何が違うのですか?

  • A

    理論はどちらも同じ内容でAEAJアロマアドバイザー認定資格に対応しています。
    セルフケアはご自身がアロマを楽しむため女子力アップの目的にしています。プチセラピストは、セルフケアよりも深く技術を学んでいただき、週末や余暇を利用してご自身の周囲の方々にハンド&フットトリートメントなどを通して、副業・ボランティア活動などを実際に行うことを目的とし、AEAJアロマハンドセラピスト認定資格が取得可能になります。

  • Q

    自宅サロン初級セラピストで、サロンの開業は可能ですか?

  • A

    まずは、本格的なサロン開業を目指す前に、自宅サロンで施術の経験値を高めていただくとを目的にしています。
    また、フェイシャルサロンを既に運営されている方、ボランティア活動をされている方などを対象にしています。本格的にサロンを開業される場合は、目的に応じた幅広い技術と開業支援コースを同時に選択されることをおススメします。

  • Q

    体験学習コースの技術メニューは選ぶことが出来るのですか?

  • A

    はい。ご希望の中より1コース選択していただけます。

  • Q

    アロマホームティーチャ実践コースは何の先生になれるコースですか?

  • A

    AEAJアロマアドバイザー資格以上を取得されている方に、実際に自宅にて、アロマクラフトや、アロマトリートメントの教室を開くまでに必要な知識を学んでいただき、個人経営者として身につけるべき最低限の知識を取得していただきます。受講後、必要な場合は個別相談を別途、ブラッシュアップコースをご用意しています。こちらは卒業生価格で格安でサポートさせていただきます。

  • Q

    美と健康に役立つフットケアは、どんな場合に受講したらいいのですか?

  • A

    美と健康に役立つフットケア並びに、ヘッドトリートメントは、セルフケアセラピスト・プチセラピスト・自宅初級セラピスト・他、開業を目指されるサロンさまなどに、アロマを利用した1日講習で取得できる技術ですので、お手軽に応用技術としておススメします。

体験学習について

  • Q

    申込時に、どのコースか迷っている場合はどうすればいいですか?

  • A

    大丈夫です。その旨申込時に記入、もしくは電話連絡時にお伝えください。
    当日、目的に応じてコチラからコースのアドバイスをさせていただきます。

  • Q

    用意するモノはありますか?

  • A

    筆記用具と動きやすい服装、滑りにくいシューズをお持ちください。

  • Q

    撮影しても大丈夫ですか?

  • A

    当学院内の授業風景の撮影・及び録音は、禁止させていただいています。ご了承ください。

  • Q

    カードでの支払いは可能でしょうか?

  • A

    現金払いとなります。

  • Q

    フェイシャルとボディの2コースを同時に体験学習したいのですが、大丈夫ですか?

  • A

    申し訳御座いません。体験学習コースの目的はスクール見学と実際にどんな仕事なのか?を体験していただくため、受講されたいメニューが違っても重複する内容が多々ありますので、お一人様1コースの体験学習でお願いしています。