トピックス

TOPIX

アロマに関する資格ってあるの?

現在、アロマに関する資格は全て複数の民間団体がそれぞれに認定した民間資格となります。

・ ITEC
英国政府が認定する国際ライセンス機関
・ IFA
英国のアロマセラピストにより設立され、英国政府より認可を受けたボランティア団体
・ JAA(日本アロマコーディネーター協会)
日本にアロマセラピーやアーユルヴェーダを普及するために発足した日本のアロマ教育機関。
・ NARD JAPAM(ナード・ジャパン)
ベルギーで設立された研究機関。
・日本アロマケア学会
医療の現場でのアロマの化学的な臨床データに基づき、実際のケアへ利用させようと発足した学会です。

 

それぞれに目的が異なるため、ライセンスの取得法も様々です。また、仕事に就くために資格取得が必須ではないため、将来の目標に合った知識の習得法を見つけ、実行することが必要といえます。

当学院で取得できる、AEAJ(社)日本アロマ環境協会は、国内で会員数が最も多い団体です。教室で教えるのであれば、インストラクターの資格があります。(アロマクラフト作り程度であれば、アドバイザーでも大丈夫だと思いますが、アロマテラピーを教えるのであれば、インストラクターの資格をおすすめします。)
ショップやサロンを開くのであれば、アドバイザーやインストラクターの資格があれば、よりいいかなと思います。

アロマの資格は民間資格で、その協会が認定したものですので、資格を取ればすぐに仕事に繋がるということではありません。なので、資格を取ったから終わりということではなく、その後の本人の努力も引き続き必要となってきます。

協会は資格取得後、就職のフォローまではしてくれません。(AEAJはホームページに求人案内を載せてはいますが、やはり仕事に繋げる為には資格取得後の本人の努力が必要なります。)

ちなみに、AEAJの資格は、以下のようになっています。

・アドバイザー(検定1級合格後協会に入会し、講習を受ければ認定されます。)
アロマテラピーショップ等で、働いている場合は最低限、取得されている方がいいと思われる資格になります。
安全にアロマテラピーをする上で、基礎的な知識をアドバイスするのに適します。

・インストラクター (アドバイザーを持っていることが条件)
文字通り、アロマスクールやカルチャーセンター等で講師として教えられるほどの知識を持つと認定された資格です。

・セラピスト (同じくアドバイザーを持っていることが条件)
アロマトリートメントをする上での資格です。
※アロマテラピーは医療行為ではありません。*あはき法などもありますので、その辺の区別は必要です。