トピックス

TOPIX

エステティシャンを続けるために、心がけなければいけない3つのポイント

エステティシャンを続けるために、
心がけなければいけない3つのポイント

 

第1のポイント:内面・外面・精神面の3面から自分磨きを続ける気持ち

エステティシャンは「美」に関心のある人にとって、好きなことを仕事にできるすばらしい職業になります。
しかし、いざ仕事を始めてみると、憧れだけではやっていけない厳しい面を、たくさん感じることも現実です。
お客さまの悩みや要望は、それぞれ異なります。日々技術と知識の向上に努めなければ、お客さまを満足させることはできません。
また、美容業界は日々進化し続けています。常に新しい情報を学べる環境を整え、お客さまの「よろこび」のために、それらを仕事にいかしていく気持ちが欠かせません。

 

第2のポイント:お客さまの心に寄り添い、本気で向き合うこと

エステティシャンは、いつでもお客さまの「心」に寄り添う気持ちを持ち続けないといけません。
エステティックサロンではカウンセリングを重視しなければ、お客さまの「心」に寄り添うことはできません。マニュアル通りに話を進めても、お客さまが何を感じているのか?どうしてほしいと思っているのか?などの「秘めた思いを引き出せません」。
エステティシャンの行うカウンセリングには、直接言葉にしないところまで察知し、相手が求めるものを先回りし提案する力が求められます。
「あなたにお任せして良かった。ありがとう」と「笑顔」になってもらえることを目指し、「感謝」の気持ちを忘れずに、お客さまと本気で向き合うことです。

 

第3のポイント:決して華やかな世界でない現実を理解する

美を追求し続けるエステティシャンですが、その仕事内容は華やかなようで、実は、体力勝負になります。
営業時間前後には店内の掃除や片付けでバタバタと動き回ります。
お客さまを笑顔で迎える裏には、隠れた苦労があります。
毎日、不特定多数の人々と接する仕事であるため、気苦労を感じることもあるかもしれません。
多忙な日々の中でストレスに負けないためには、精神的に安定していることが大切です。
なぜならば、仕事で疲れている日でも、お客さまの前では必ず笑顔で「もっと喜んでもらいたい」というエステティシャンの心は、お客さまにも伝わるものです。
そのためにも、オフの時間を使って上手にストレスを発散したり、自分なりのリフレッシュ方法を見つけ、心身ともに充実させることが、仕事を前向きに続けていくポイントにもなります