トピックス

TOPIX

「アロマセラピストになるには」完全マニュアル

1:アロマセラピストとは?

エッセンシャルオイルの特性を活かしブレンドしたアロマオイルを用いて、身体や心の不調なバランスを整え、癒しを与えるプロのことを「アロマセラピスト」と呼びます。

お客さま一人ひとりと本気で向き合ったカウンセリングで、ストレスや体調に合わせたエッセンシャルオイルの知識・調合方法に加え、癒しが提供できる技術を身につけなければいけません。

 

2:アロマセラピストは民間療法・民間資格

アロマセラピストになるために公的な国家資格はありませんが、お客さまの身体や肌に直接触れるため、施術に必要な知識と技術を学び、プロフェッショナルなセラピストであることを証明するための資格試験を民間団体が実施しています。

 

3:セラピストになるための一般的な流れ

自由業の業界なので、資格なしで飛び込む方もいますが、セラピストの養成スクールに一定期間通い、資格を取得するのが一般的です。

スクールではプロの講義はもちろん、資格試験対策や就職の相談、卒業後のアフターフォローなども備えているので、プロフェッショナルなセラピストを目指す場合は、知識と技術の基本は資格対応コースなどがあるスクールにて取得されることをおススメします。

 

4:資格取得後の就職先

セラピスト養成講座を卒業し、資格取得後は、エステサロン関係、もしくはエッセンシャルオイルを扱う販売店へ就職する方もいます。

これ以外の選択肢としては、個人サロン開業や香りに関する商品開発、講師などになる方もいます。

また、近年は医療の現場で患者の心をケアして治癒を補助する「メディカルアロマ」が注目されており、病院や介護施設でアロマテラピーを行っている方も増えています